私が住宅ローン審査に落ちた理由とは?

 住宅ローンの審査に落ちたとしても、審査を受けた金融機関によっても基準というものが変わってきてしまうもの。 ですから、一社目は住宅ローンの審査に落ちたとしても、二社目では審査が通る場合も十分にあります。 そんな住宅ローンですが、もしも公共料金や車のローンが2年から3年以内にあった場合などは審査が通らないといったところもあります。

また、年収が金融機関の定めている基準に満たしていなかったり、不安要素があったりすると住宅ローンの審査に落ちることもあります。 他にも勤続年数が短かったり、返済計画や借り入れ額に無理があったりしてしまうのも審査に影響してきます。そして、他の会社で組んでいるローンの現在と過去との借り入れに関して問題があったりするのも審査に関わってくるでしょう。

これらが、住宅ローン審査落ちた理由になってきますが、もちろん他にも住宅ローン審査落ちた理由というものはあるはず。 たとえ、このなかの一つでも該当してしまうと審査に落ちてしまうこともありますし、何種類か該当しているのが原因になっていることもあります。 改善できる点についてはなるべく早めに改善していき、見直すことが大切になってきます。

最近は住宅ローンの審査に落ちたからといって、何社も審査をする人がいますが、逆に他社で住宅ローンの申し込みをしすぎるのは良くないそうです。 住宅ローンの審査に心配があるようであれば、まず申し込みをする前に不動産業者に行って、相談をしてみてはどうでしょう? ローンに関して専門的な知識もありますし、申し込みをする人の状況に合った住宅ローンのを取り扱っている金融機関を紹介してくれると思います。

一社で申し込んでみたところ住宅ローン審査落ちた理由があるからといって、諦める必要はありません。 今までも多くの人が数社目で住宅ローンの審査で受かったという話を聞いたりしました。 ですから、まずは住宅ローンの審査に通りやすくするために受かりやすい状況を作ることが大切になっていきます。

今は勤続年数が一年未満の人や契約社員の人、派遣社員の人でも住宅ローンが通るような住宅ローンがあるそうなので、自分の状況にあった会社で住宅ローンの審査をしてみるのも良いかもしれません。 マイホームを手にいれるためにも、審査をする前に正せるものは正し、他でローンを抱えているならば、そこから完済をたりすることが大切なので、まずは身の回りの整理をしていきましょう。

 

住宅ローン審査が通りやすい銀行を選ぶ

審査が通りやすい住宅ローンを組んでいる方の中には借り換えをご検討中の方もいらっしゃると思います。

借り換えとは、他の銀行の審査が通りやすい住宅ローンを組み直す事です。

借り換えのメリットとして、ローンの返済額が減る事があります。

ですが、借り換えは必ずしもメリットだけを生みだすものではありません。

なぜなら、借り換えに数十万単位の金額がかかるからです。

無料で借り換えができる。

という所は少ないでしょう。

借り換えにはそういったケースも含め返済金額が解るシュミレーションを利用し借り換えをしてどの程度得になるか、事前に調べると良いでしょう。

家の購入で初めに思う事は資金をどう集めるか、という事ではないでしょうか。

多くの方は、銀行などから審査が通りやすい住宅ローンを申し込みすると思います。

ローンを申し込むときは、一番稼ぎがある方の名前で申請しなければいけません。

支払は最長35年間という非常に長い期間に及ぶこともあるので銀行側も何かあった場合の備えとして団体信用生命保険の申し込みも一緒にお願いされます。

こちらは世帯主に万が一のことがあり、支払が出来なくなった場合残った借金が0円になる。

といった、家族にもメリットが高い保険です。

念願だったマイホームを購入してから数年で、ガンだと分った時はどのように支払っていけばいいのでしょうか。

一般的には、自動で団体信用生命保険にも加入することになり債務者がもしも亡くなった場合に自動で付帯されます。

申請した内容にがん保険が入っている場合もありますが、含まれていない場合もあるので十分注意しましょう。

但し種類があり癌診断を下された時点で支給されるものと、例として1年以上入院をされた場合に支払われるものもあります。

こうした保険は高く見えますが、思ったよりも安いのでそうした場合に備えて準備しておく事も大切です。

住宅購入を検討されている方も多いと思います。

購入に当たりまず必要なのは住宅ローンです。

審査が通りやすい住宅ローンはネットバンク・銀行・信用金庫などの金融機関から申し込みが出来ます。

ローンの申し込みをする際は、金利・審査・諸費用がかかります。

参考:住宅ローン借りやすいところは?審査基準が緩い?

審査は、たいてい1週間前後で結果が解ります。

ローン金利の決定は契約完了の月の物が採用されます。

諸費用は借りる額によって人それぞれですが、少なくとも数百万単位を考えておいた方が良いです。

住宅を購入を考えても、実際自分の物になるまでこれらの事をこなしていかないといけません。

一般的には3〜4カ月かけて契約が完了します。

住宅ローンを組むには、銀行や信用金庫などから審査を受ける必要があります。

住宅ローンは最長35年という長い月日の返済になりますので、審査は大変厳しく厳重に行われます。審査の合否は一週間前後かかり、電話か口頭で伝えられます。

審査に通らないと、残念ながらローンは組めません。

審査に通ると、本契約に移ることができます。

契約時には指定された書類をすべて揃える他実印・諸費用も揃えておきましょう。

諸費用はその人の借りる額によって違いますが、いくら用意すればよいか銀行側から指示されます。

一般的には、数十万〜数百万単位の金額がかかると見ておくと良いでしょう。

住宅ローンを組む時に一番気になるのは金利だと思います。

審査が通りやすい住宅ローンの金利は大きく分けて固定金利と変動金利があります。

どちらが良いかはその人が選ぶ事で、銀行の方に、おすすめですよ。

などと言われる事はありません。

一般的には固定金利は金利が高く、変動金利は金利が低いです。

また、固定金利・変動金利、どちらを選ぶかによって審査が変わってくる。

といった事はなく、公平な審査が行われます。

どちらの金利にしたら良いかわからない時は、その銀行の過去の金利推移などを参考にすると良いでしょう。

自分の家を購入する時、現金で一括支払いをする。

という方はまず、一般的には少ないでしょう。

たいがいは、審査が通りやすい住宅ローンという借金をして購入します。

支払に関して、何に一番気を使うか?尋ねるとやはり、毎月の支払の事を言う方が多いです。

ローンの支払は長い月日し続けなければなりません。

支払の間は、金利や景気の状況も左右してきますし人生は突然何かが起こるものです。

途中でけがをするかもしれませんし、病気にかかるかもしれません。

だから、慎重にリスクを考えローンを組みましょう。

長年、審査が通りやすい住宅ローンの支払いをしているとまとまったお金が手元に入る事もあるかと思います。

その様な時は場合は是非、繰り上げ返済を検討してください。

繰り上げ返済は月々の支払いとは別のもので、まとまった現金を返済する方法です。

繰り上げ返済をする事により、ローン元金を減らす事が出来ますので、返済金そのものを減らす事ができます。

元の金額が減るので、月の返済金額も減ります。

繰り上げ返済をする時には手数料がかかる場合があります。

審査が通りやすい住宅ローンを組む際はまず、どの金融機関に融資をお願いするか決めないといけません。

銀行・ネットバンク・労金・信用金庫など審査が通りやすい住宅ローンを申し込める金融機関は数多くあります。

借入する所によって審査が通りやすい住宅ローンの審査の違いは大きな違いは特にありませんが、店舗がないネットバンクですと、取引はネットを通して行います。

わざわざ店舗に行かなくて良いのでとても人気があります。

店舗がないので色々な面で経費削減ができ、金利が低く設定できるのも特徴です。

ネットバンクは月の支払いを少しでも少なくしたい方や忙しい人達にとても人気がある住宅ローンです。

ゆくゆくは自分の家が欲しい方、審査が通りやすい住宅ローンを考えている方は次のポイントを抑えておくと良いでしょう。

これまで経験した事のない高額な買い物になる事間違いなしです。

それ故、利息が安いからという理由だけで決めないで下さい。

総合でいくら返済すべきかこれを確認する事をおすすめします。

どんなにお得な金利で申込みをしても他の部分で費用がかかると、しまいには、返済する金額が増えていたという事もあるからです。

また金利の変動によるメリットやデメリットも合わせて、将来設計も立てながら全体的に見て検討してみましょう。

選択に迷った時は評判をみてみるのも一つの方法ですね。