住宅ローンの控除の申請をする

 住宅ローンの控除を受ける人がいますが、適用を受けるためには毎年の申告が必要となってきます。 税源移譲によって、所得税が減額されていきます。 控除ができる住宅ローン控除額が減ることも十分にありえます。

しかし、住宅ローンの控除を受ける際には対象となる人は平成18年末までに入居をされていて、所得税の住民ローン控除を受けている人に限ります。 そして、所得税から控除しきれなかった額がある場合には翌年度の個人住民税から控除ができるそうです。

ですので、住宅ローンの控除を受ける際には毎年の申請が必要となってくるのです。 この住宅ローンの控除を受ける際にはお住まいの市町村で「市町村民税道府県民税住宅借入金等特別税額控除申告書」を提出しましょう。

また、源泉徴収票や住宅借入金等特別控除可能額の欄に金額が掲載されている場合には住宅ローンの控除を受けることが可能になるそうなので、まずは市町村に問い合わせをしてみるのも良いでしょう。

住宅ローンの控除を受けるためには申告をきちんとする必要がありますので、毎年忘れずに必要書類を提出してください。 そうすれば住宅ローンの控除を受けることができるので、きちんと忘れないようにしましょう。