住宅ローンを滞納したらどうなる?

不況や突然のリストラから住宅ローンを滞納したという人もいるかと思います。 そうなってしまった場合、解決方法があるのをご存知でしょうか? 住宅ローンを滞納した場合、まずは銀行に相談をしましょう。 銀行に相談をすれば一時的に利息のみの支払いでも可能なケースがあります。 その間に仕事を変えたりして、生活を見直しましょう。

また、住宅ローンを滞納してしまうと住宅金融支援機構、住宅債権管理回収機構などから書類が届くそうです。 その書類は地域によっても多少は変わってきてしまうのですが、最初に届く書類に関しては支払いを促す程度の内容になっているみたいです。

しかし、そのまま滞納を続けていくと、ローンの貸し手となる債権者から書類が届くそうです。 その書類がきたら早めに対策を練らなくてはなりません。 住宅の売却について提案されてしまったり、それにも応じずに放置をしているとローンの契約が破棄されて、一括返済を求められます。 すでにその時点までいくとローンを再び契約することは不可能になってしまいますので住宅ローンを滞納した場合にはすばやく銀行に行き相談をしましょう。

住宅ローンを滞納しないためにも、申請をする前にしっかりと返済プランをたてるのが何よりも一番大切かと思います。